敏感肌の日焼け止めの選び方

PR|神戸三宮のリンパマッサージ専門店|長崎市のフェイシャルが有名なエステサロン|宮城県仙台市で評判の整形外科|山口県下松市の脱毛で人気のエステサロン| 大阪市でおすすめの薄毛治療クリニック |

30代の主婦です。子どもの幼稚園の送迎で自転車を使っているので特に腕の日焼けを気にしています。 肌には紫外線や花粉などの外部刺激から守り、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割があるバリア機能があります。敏感肌はバリア機能が低下しているので紫外線の影響を受けやすくなっています。そのため、紫外線対策をしっかりすることが肌老化を防ぐために大切になります。また、薄毛対策にもなると 栃木県のAGAクリニックで聞いたことがあります。

日焼け止めの使用で肌がヒリヒリすることがありますよね。どんな日焼け止めを選んだらいいのでしょうか。
重要なことは刺激を与えないことです。3つのポイントがあります。
1つめは無香料・無着色であることです。これらは肌に負担をかけます。香料や着色料は紫外線カットに関係ないので、なくてもよい成分です。


2つめは石けんで落とせることです。石けんで落とせないものは強力な洗浄力が必要で、強い洗浄力で肌の潤いも奪われてしまい、バリア機能がさらに低下してしまいます。


3つめは紫外線吸収剤不使用なことです。紫外線吸収剤は紫外線を吸収しつくすと効果がなくなります。紫外線を吸収すると化学反応を起こして刺激を感じることがあります。

私が例年気を付けているのは、日差しが強くなってきたから日焼け止めを塗ってもすでに遅いという事です。その為、春の陽気を感じ始めた3月ごろから化粧下地にも、腕にも日焼け止めを使っています。日常生活で洗濯物を干すだけでも徐々に日焼けしてしまうので、朝からしっかりと塗っています。また外へ出る時にはアームカバーを付けて出かけます。

他に気を付けているのは、髪の毛や頭皮の日焼けです。髪の分け目が赤くなって痛くなってしまったり、上から見られた時に少し恥ずかしかったりします。また髪に紫外線を浴びると、秋ごろにはぱさぱさしてとても痛んでいることに気づきます。その為に、帽子をかぶるのはもちろんですが、スプレータイプの日焼け止めを髪全体に吹きかけるようにしています。スプレータイプは時間が無いときにでも、ささっと手軽に使用できるのでオススメです。

PR|ダイエットチャレンジ100日|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|女性向けエステ.com|カウンセリングのお悩み解決サイト|ゴミ屋敷解消Q&A|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|AGAでお悩み解決|注文住宅のための用語集|美容と健康女性ランキング